So-net無料ブログ作成
検索選択
その他 ブログトップ

これを書いている私自身のこと(2) [その他]

これを書いている私自身のこと(1)の続きです。

ユキコ道のことは、知人がブログで書いていたので、知りました。でも、当時はユキコ道の必要性は感じていませんでした。(確か、ユキコ道ブログすら見に行かなかったと思います。)

離婚した後しばらく経って、また別の方から「ユキコ道」の話をうかがい、その時は「私に必要かもしれない」と感じました。ブログの全記事を読んだり、本を手に入れたりしました。

そこで気付いたのは、私は溺愛されていた時もあった、ということです。それなのにうまくいかなかったのは、おそらく「溺愛」は自分にとって居心地が悪かったからです。相手に返す言葉や、態度が間違っていました。

自分は、愛されるに足る人間だとも思っていませんでした。愛された時に、自分の中で受け止める、受け入れる、感謝する。そんな当たり前のことができていなかったです。

もっと早くこのことに気付いていれば、離婚することもなかったかもしません。でも、それは今だから言えることです。過去を悔いるよりも、前に進むことだけを考えます。

(あと1回、続きを書く予定です。)

***

今日も、皆さんにとってしあわせな出来事が
ありますように。
心から願っています。


nice!(0) 

これを書いている私自身のこと(1) [その他]

私のブログをご覧になって、「実践中と書いておきながら、男性の話が出てこないわね」「ここには、私の知りたい情報はないわ」と思われた方がいらっしゃると思います。(そのような方は、このページは読まれていないかもしれませんけれど。)

本当は、私自身のことはあまり書かないつもりでした。このブログを読んで下さる方は、ユキコ道についてお知りになりたいのであって、私のことを知りたいわけではない、と思ったからです。

でも、自分のことを書かなければ、このブログを書き続けることはできないような気がしました。ですので、私自身の話をしたいと思います。

私は独身です。いずれは、結婚出産もしたいと思っています。でも、今は恋愛をする気持ちはありません。それなのに、なぜユキコ道をするか?それは、「ユキコ道」は人生のために役に立つ、そして、将来の恋愛にもつながると思ったからです。

私には、離婚歴があります。別れた夫のことを愛していました。そして、他の人のことも愛していました。でも、最終的に、そのどちらの人のことも失ったのです。

今ならその理由がわかります。彼らと一緒にいても、私は自分自身の人生を送れないからです。別れは、必然だったと思います。

ただ、まだ「どうしてこうなってしまったのだろう」という思いもほんの少しあります。悲しい気持ちになろうとすれば、なれます。泣こうと思えば、泣けます。でもやはり、今の自分がいるのは彼らのお陰だと思うのです。2人のためにも、私は頑張りたいと思います。

これを書いている私自身のこと(2)に続きます。)

***

今日も、皆さんにとってしあわせな出来事が
ありますように。
心から願っています。


nice!(0) 
その他 ブログトップ
ユキコ道 実践中!

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。