So-net無料ブログ作成
検索選択

ユキコ道2-4 女性らしい言葉遣い [ユキコ道 第二章]

Sponsored Link




私は、言葉遣いを普段から
丁寧にするように心がけています。

学生の頃は、わざと崩したりもしていたので、
もったいないことをしたと思います。

敬語は、使わないといけない状況があれば
あるほど、自然に使えるようになりますね。

私は、職場や趣味の場で、なるべく目上の方と
接点を持つようにしていました。
会話やメールを繰り返していくうちに、
かなり自然に、丁寧な言葉が出るように
なったと思います。

学校を卒業して以来、1度も会っていなかった
男性と久しぶりに再会したら、驚かれました。
「話し方が違う」と(笑)。

それでも、エレガントな話し方はできていないと
思います。

そんな私への救世主はこちらです。

Dr.ユキコ 著「年収1億の彼」P.75より引用

第二章 『基本をエレガントに』の演出
戦術4 メールや会話の最後は『〜わ』『〜よ』『〜ね』 〜 常に、女性であることを意識する 〜

文章・会話は、この三語を文末に置くだけで『エレガント』。

これ、いいと思いました!

全部つなげて、『〜わよね』も、いいそうです。

ユキコ道ブログを拝見していると、
会話文がよく出てきますが、
確かにこれに当てはまるものが多いです。


私なり分析した結果、私の場合、
「〜わ」は、意外とハードルが高いです。

「〜よ」と「〜ね」は、
『ですよ』『ですね』で、使っています。

でも、思い返すと、なんだかエレガントさからは
少し遠いような気がします。

語尾の言葉だけでなく、声のトーンやスピードなど、
別の部分でもエレガントさが出せたらいいですね。

ユキコ道をやっているお友達が近くにいたら、
お友達とエレガントな言葉でまず1時間過ごしてみる、
なんていかがでしょう。
これが習慣になったら、素敵だと思います。


今日も、皆さんにとってしあわせな出来事が
ありますように。
心から願っています。




Sponsored Link



nice!(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 0

ユキコ道 実践中!

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。